お電話でのお問い合わせ|9:00〜18:00|
045-317-5811
Works施工事例

横浜市泉区 TS邸

l

2010.05.17 完成

 30坪の住まいです。2×6工法のカナダ輸入住宅です。

 玄関を入れば、樫の木を丁寧に掘り込んだ、無垢の階段手摺が出迎えます。
 そして玄関ホールから仕切りなしで繋がるリビング・ダイニング・キッチンが約20帖もあり、開放感を持たせます。
 さらに、天井の高さが2m60cmと高く設定されていますので、実際の帖数よりも広く感じることでしょう。

 外壁材には、セルコホームオリジナルの素焼きレンガを使用します。
 半永久的に劣化しませんので、メンテナンスは一切必要なし。
 そして、色あせしないばかりか、住むにつれて、風合いを増していきます。

 施主様と共に、人生を歩みます。

  • クロスは、窓枠に合わせ、横にボーダーを入れて、上下の色彩を変えます。お洒落ですね。

  • 寝室のクローゼットには、ミラー付き折れ戸を入れます。ミラーは、姿見のためは当然のこと、部屋を広く見せる効果があります。

  • 玄関を入れば、階段の手摺子がお出迎えです。格子状の手摺にすることによって、玄関の圧迫感を無くします。

  • サッシは、90度まで開きます。隙間から手を伸ばして、窓を拭くことが出来ます。

  • 真四角な窓もあります。家具や設備を置いたり、天井が低いために窓の開口が充分取れないところには、有効な窓です。

  • INAX製のお風呂です。色はエレガントなものを選びました。

  • 素焼きレンガが貼られ、足場が外れました。重厚感のある外観ですね。

  • クロスの下地は石膏ボードです。炎に晒されると、20分間水蒸気を発生させて、火の延焼を抑えます。

  • 銀色に見えるのは、レンガを引っ掛けるレールです。乾式工法です。

  • 素焼きレンガが、オーストラリアから到着しました。

  • 施工中の階段下です。完成時は、石膏ボードとクロスで覆い、収納に利用します。なかなか見れませんよ~。

  • 断熱材を充填しています。

  • 外壁のレンガは乾式工法で行います。レールにレンガを一枚一枚引っ掛けていく工法で、手間は掛かりますが、耐久性が格段に上がります。

  • 断熱材をしっかりと密閉して、湿気から守ります。

  • このシートは、構造用合板の上に貼られます。内部からの湿気は、どんどん外へ吐き出し、外部からの風雨はシャットアウトします。

  • 2階の構造用パネルが組み上がっています。屋根まで上げる工事期間は、軸組み工法(日本の柱を使う在来工法)と比べ、とても早いです。

  • 床下の断熱材を詰めています。カナダ産の高性能グラスウールを20センチ以上詰めます。足元から暖かいわけですね。

  • フレーミング(木工事)開始です。見える木材は、床根太(ゆかねだ)と呼びます。

  • コンクリートが固まったところで、型枠を外し、さらに強固に固まるまで養生します。

  • 基礎のコンクリートを流し込み、養生します。

  •  基礎の鉄筋が組み終わりました。

  • この砂利の上から防湿シートをかぶし、鉄筋を這わせ、コンクリートを流し込みます。基礎の下の基礎です。

  •  ショベルカーは基礎を埋めるために、土を掘り起こしております。業界用語で、「根切り(ねぎり)」といいます。

  •  建築地です。素敵な家が建ちます。