お電話でのお問い合わせ|9:00〜18:00|
045-317-5811
Works施工事例

横浜市中区 TH邸

aer

2012.09.07 完成

セルコホーム横浜支店オリジナルの住まい、「2×6レンガの家」が竣工します。
 
外壁材には、セルコホームオリジナルの素焼きレンガを使用します。
自然の土を釜で焼いた本物のレンガは、年月を経るにつれて、風合いと趣きを醸し出し、家族の成長と共に、その外観を変化させていきます。

そして、素焼きのレンガは、サイディングや塗り壁に必要な塗替えメンテナンスは必要ありません。
本物のレンガは、劣化することなく、その住まいと家族を守っていきます。

構造躯体には、地震に強いとされる2×4工法の2.5倍の強度を誇る、2×6工法を採用しています。
仙台市に本社を構えるセルコホームでは、東北地方に非常に多くの施工させて頂いた住まいを抱えますが、あの東日本大震災でも、地震による全壊半壊はゼロという結果になり、2×6工法の強靭さが証明されました。

今回の住まいは、その「2×6工法レンガの家」になります。

内部では、特にキッチン・ダイニングにこだわりを持ちました。
キッチン・ダイニングの床には、機能性と美しさを兼ね備えた磁器タイルを使用しています。
そして、横幅3m50cmの大型キッチンにアイランドキャビネットを設置し、家族揃っての料理を楽しみます。

  • 高性能グラスウールが運ばれてきました。2×6工法なので、14センチの奥行きの壁に、15センチの高性能グラスウール(断熱材)を充填します。

  • 2×4工法の構造壁の奥行きは、約9センチですが、2×6工法は、14センチもの奥行きになります。壁の奥行きが厚くなる分、耐震性と断熱性が2×4工法と比べ、大幅にアップします。

  • 白く見えるシートは、透湿防水シートといいます。壁体内の湿気を外に逃がし、外からの湿気をシャットアウトします。構造壁の木材や断熱材を、湿気から守ります。

  • 一階の木工事が始まりました。

  • 給排水の工事を行っております。

  • いよいよ着工します。