お電話でのお問い合わせ|9:00〜18:00|
045-317-5811
Works施工事例

横浜市磯子区 MK邸

dちぃ

2010.09.18 完成

3階建て、施工面積43坪のカナダ輸入住宅です。

敷地面積が30坪の中で、効率よく間取りを組みました。

まず、特筆すべきは、一階の電動シャッター付きインナーガレージ。
玄関土間の奥行きを3.6mと長くし、インナーガレージからも、直接玄関土間へ上がれるように設計しています。

2階には、LDK+1ルーム、そしてバルコニーを配して、生活スペースにします。

3階では、主寝室、子供部屋を設け、就寝の階としています。

外壁は、もちろん素焼きレンガ。
年月を経るにつれて、ますます趣きを増していく、そしてメンテナンスは一切必要ないセルコホームオリジナルの外壁材です。

  • ガレージ・シャッターは、滑りながら天井へ入っていく、オーバースライダータイプです。

  • ガレージ・シャッターの外観もお洒落ですね。

  • 畳部屋も設けています。

  • 2階のリビング・ダイニングです。とても明るいですね。

  • クロスが貼られました。あとはクリーニング専門の業者に掃除をしてもらい、ピカピカの状態にします。

  • ガレージシャッターは、開けるときに巻き込まない、オーバースライドタイプを採用します。

  • 石膏ボードの目地やビスの穴が、パテで埋められました。とうとうクロス貼りです。内観が出来てきますね。

  • 石膏ボードが貼られ、窓枠が設置されました。次は、クロス張りです。

  • オーク無垢材のキッチン扉が、カナダから輸入されました。

  • 100年以上の耐久性がある溶融ガルバニウム鋼板というレールに、劣化しない素焼きレンガを、職人さんの手で一枚一枚引っ掛けていきます。

  • 外壁が、ほぼレンガで埋まりましたね。あとはモルタルの目地を入れるだけです。

  • 職人さんがレンガを切っています。頼りがいのある背中ですね。

  • 職人さんが、レンガを一枚一枚丁寧に、レールに引っ掛けていきます。手間の掛かる作業ですね。

  • 白いシートは、壁体内の湿気を外へ逃がし、外からの水分をシャットアウトします。その上から、胴ぶちと呼ばれる幅の狭い木材を縦に貼ります。そして、外壁を胴ぶちの上から貼っていくのですが、胴ぶちのお陰で、白いシートと外壁との間に空間が出来て、その間を下から上へ絶えず空気が流れ、壁体内結露を防ぎます。

  • 断熱材を気密シートで覆い、その上から石膏ボードを貼っていきます。

  • 断熱材は、高性能グラスウールです。断熱材で家を覆いつくし、外部と内部の熱の移動を最小限に抑えます。夏は涼しく、冬は暖かい住まいになります。

  • 構造躯体が出来上がりました。インナーガレージ付きの3階建てです。

  • 一階のフレーミング(木の組み立て)を行っています。頑丈そうですね。

  • 二階の床組み(一階の天井)を行っています。2×6工法の箱の天井部分になります。

  • 通常は構造壁を工場で組み立て、現場ではクレーンで立ち上げるのですが、今回はクレーンが使えないので、現場までバラバラで運び、その場で組み立てます。横浜支店ではこのようなケースの方が多いですね。

  • 足場を組み立てる職人さんと、家を組み立てる職人さんです。これから暑くなるので、体調管理には十分気をつけて下さいね。

  • 基礎の上に乗っている黒いものは、基礎パッキンといいます。よく見ると、黒い穴が無数に開いていますね。床下を満遍なく換気するための穴です。

  • 基礎の上に乗っている木材がピンク色になっています。この色は、加圧注入した防蟻剤の色です。

  • 型枠を組み立て、基礎の立ち上がりを作ります。

  • 基礎がある程度固まったところで、型枠を外します。そして、もうしばらく養生期間をおきます。

  • 鉄筋が錆びていますが、これは、コンクリートがしっかりと鉄筋に固定されるために必要不可欠な状態です。

  •  基礎工事が始まりました。鉄筋を組んでいます。

  •  基礎工事の前段階です。手前の三脚は、地盤面などの高さを正確に測るための機械です。

  •  建築地です。青いテープは、業界で「地縄(じなわ)」と呼びます。家の外郭に添って張られ、配置の確認を行います。