お電話でのお問い合わせ|9:00〜18:00|
045-317-5811
Works施工事例

宮城県黒川郡富谷町 TA邸

あrtjtr

2010.10.17 完成

宮城県へ勤務先移転に伴い、今秋完成に向けていよいよ着工です。
横浜スタッフと、仙台スタッフが連携してT様の家づくりをサポートしてまいります。

カナダ輸入住宅2×6工法、45坪、外壁材は、セルコホームオリジナルの素焼きレンガです。

まず目を奪うのが、大きな塔屋(トンガリ屋根)です。
この地区のランドマークタワーとなるでしょう。

そして、窓周りと家の胴周りには白い帯を廻し、白いポーチ柱で屋根やバルコニーを支えることで、レンガに白のアクセントをつけるようにしています。

キッチンには、L字型の特大シンクを設置し、奥様の本格的なお料理に対応しています。

リビングの横には、床の間付きの本格的な和室を設け、カナダ住宅なれども、日本の情緒を演出しております。

2階には、3部屋(主寝室+子供部屋2部屋)と別に、クラシカルな書斎を備えており、ご主人様が憩いのひと時を過ごします。

完成が待ち遠しい、素敵な住まいが出来ますね。

 

 

  • キッチンになります。ホワイトを基調として、清潔感あふれますね。換気フードもお洒落です。

  • 塔屋部分を、部屋から見ました。カーテンとレースの調和が、素敵ですね。

  • トイレのクロスは、一面のみ変化させました。クッションフロアもタイル調で、シックな雰囲気ですね。

  • 廊下には、ニッチを配置します。施主様は、何を飾られるのでしょうか。

  • 床の間が完成しました。垂れ壁をアールにするなんて、お洒落ですね。

  • トイレです。クロスと床材がお洒落ですね。

  • クロス貼りが終わりました。腰の高さにボーダーを廻して、上下のクロスを変えています。

  • ようやく足場が外れました。重厚感のあるレンガに、白い窓枠が浮き立ちます。トンガリ屋根の塔屋が、この区域のシンボルタワーになるでしょう。

  • 建具が入りました。これからクロスの施工になりますね。

  • 床の間になります。下がり壁を曲線にして、モダンな雰囲気を出しています。クロスが楽しみですね。

  • 構造上、梁を必要とする部分は、壁が下がります。その壁をR加工にすることによって、お洒落に見せます。綺麗に描く放物線は、セルコからお客様への架け橋ですね。

  • 窯で焼いた素焼きのレンガが、一枚一枚職人さんの手によって、壁のレールに引っ掛けられていきます。手間の掛かる作業ですね。

  • シンボルタワーの塔屋になります。大工さん、お願いしますね。

  • 構造用合板です。

  • 白いシートは、通湿防水シートといいます。内部からの湿気をはき出し、外部からの湿気はシャットアウトします。壁体内結露を防ぎます。

  • 24時間セントラル換気システムになります。外と室内の空気を2時間に一度のサイクルで入れ換えます。常に新鮮な空気を取り込み、結露も防ぎます。

  • 2×6の構造壁と、2×10の床下根太です。いかにも頑丈そうですね。

  • サッシです。まだ仮留めです。

  • 屋根の垂木です。家を守って下さいね。

  • 塔屋部分の構造です。職人技ですね。

  • 2×6の構造壁が、2階まで組み立てられています。もう少しで上棟ですね。

  •  一階の外周部の2×6構造用パネルを組み立てています。

  • サッシがカナダから船便で運ばれてきました。ワールドワイドですね。

  • フレーミング(木工事)のための足場を組み立てております。

  • 基礎の型枠が外れました。これからフレーミング(木材を組み立てる工事)に入ります。

  •  多角形の部分は、塔屋の基礎になります。

  •  基礎の型枠を組んでいます。

  • 基礎を埋める為のスペースを造っています。

  •  地鎮祭を執り行いました。  地鎮祭とは、土木・建築などの起工に先だち、その土地の神を祭り、工事の無事と、施主家の益々のご繁栄を祈ります。

  •  角の建築地です。ここに塔屋が建てば、ランドマークになりますね。