お電話でのお問い合わせ|9:00〜18:00|
045-317-5811

生き方を選ぶということは、暮らし方を選ぶということ。

セルコホームのローランニングコストハウスは、「建てて」「暮らして」「住み続けて」という長きにわたり、住む人がずっと幸せを感じられる住まい。
強靭な躯体と高い住宅性能の相乗効果により、さまざまなコストを抑えながら快適なエコライフを実現することが可能です。

太陽光発電やエコキュートなどの省エネのための様々な機器は確かに重要です。しかし、それらを装備した家が本当にエコな住宅なのでしょうか? セルコホームが提案するエコ住宅は家自体の性能が重要と考えます。家の躯体は建替えない限り変えることはできません。その躯体の省エネ性・耐久性が高い住まいが本当のエコ住宅なのです。

100年の安心と100年の快適

100年以上者半永久的な耐久性を持つレンガ外壁の家。美しい自然なコントラストと「土」の質感は、家族との時を共に刻み歴史と共に風格と威厳が安らかな生活をつつみます。断熱性の高いレンガは、建物内の温度変化(寒暖差)を最小限に抑え、劣化や結露を防止し家自体(構造)の劣化も防ぎます。結果、耐久年数は向上し、建物の寿命が長くなります。日本の家屋の平均寿命は25〜30年。レンガ外壁の家の耐久年数は平均100年から200年。約100年(3世代)に渡り受け継いで安心して暮らせる住まいが「レンガ外壁の家」なのです。

美しさと、耐久・耐候性を併せ持つレンガ外壁
耐震性に優れた2×6工法、高断熱・高気密、快適な居住空間

レンガ外壁のスタイルは、周囲の自然環境に映え重厚感のある風合いを醸し出します。
また、抜群の強度を持つ2×6後方は、「永く愛する我が家」の安心の柱となります。
「呼吸をする美しいレンガ外壁の力」と「2×6工法の高耐久住宅」をセルコホームは、快適な空間と共にご提案いたします。

贅沢な自然素材の外観は優雅なライフスタイルを演出

アーチのあるデザイン空間などステイタスシンボルとなり得るマイホームに求められるスタイルを実現します。

存在感のある美しさと自然の力を兼ね備えたレンガ外壁

自然な焼きムラと、半永久的な耐久・耐候性、ローランニングコストの経済性が一つになって、いつまでも美しい外観を彩ります。

美しい質感と自然な風合い

レンガには一つ一つに焼きムラなど表情があり、同じ色調と紋様のものは1枚としてありません。
光の加減や視線の角度、水濡れなどにより常に表情を変化させ、風雨にさらされた歳月とともに独特の美しさになります。整然と並べ揃える人工的なタイル施工とは異なり、きっちりとし過ぎない柔らかく自然な感じが風景に合い、風情漂う「時間がたてばたつほど味わいが出てくる」魅力があります。
「レンガの外壁の家」は、耐久性が高く再塗装などメンテナンスの必要がないので長期的観点で計るとたいへん経済的な外壁材です。何と言っても、重厚な総レンガ貼りの美しさと圧倒的な存在感はステイタスシンボルにふさわしい時代を超えた風格ある住まいを実現します。

100年の歴史を持つ横浜赤レンガ倉庫

対価・耐水・耐熱、そして安心。

無数の気泡で空気を多く含んだレンガは圧倒的な強さを持ちます。1200℃で焼き上げられた天然のレンガは、表面を800℃以上で30分加熱しても内側の構造体は常温を保つことが出来る程、驚異の断熱性能があり、火災に強く出来ています。レンガ内部にある無数の気泡と土の物性的な特徴により、熱を伝えにくく日射を遮断してくれるので夏は涼しく、熱を逃さず溜め込むことが出来るので冬も暖かく、室内の温度調節も低コストで可能になるので省エネ効果も抜群です。

また、1200℃で焼いたレンガは、茶碗や鍋などと同じ製法の焼き物で吸水性も低く、水に強い特徴を兼ね備えています。断熱性・耐火性・耐水性・耐震性・通気性・防音性などにも優れ、高温多湿で冬が寒い日本の気候に適した高耐久性の住まいが「レンガ外壁の家」なのです。

メンテナンス費用の負担が少ない

「レンガ外壁の家」レンガは酸性雨や紫外線などに対し劣化褐色がないため、耐用年数が長く、保全管理コストも低額で経済的です。一般的に使用される外壁材(サイディング)の場合は、およそ10年に一度、塗装等のメンテナンス費用に約100万円(※)掛かりますが、「レンガの外壁の家」の場合は、塗装工事が不要なため、定期的なメンテナンスコストが抑えられ、将来に渡って建物の維持管理費にも差が出てきます。なので、20年後、30年後…100年後のメンテナンス費用に大きな差が出てきます。

※施工面積約40坪での実例になります。外壁の凸凹によって費用は変わってきますのであくまで参考数値として下さい。また、物価変動によりメンテナンスコストも変動することを予めご理解下さい。
※試算価格とは異なる場合もございます。当社メンテナンス施工事例より算出した数字につき予めご了承下さい。

あたりまえの「安心」を、さらに上いく2×6工法の強い空間

地震が多い環境だから、強い構造や頑丈な基礎など耐震性能は基本だとセルコホームは考えます。

従来工法よりも圧倒的強さを実現する2×4・2×6枠組み壁工法

優れた耐震性を発揮、自然災害にも強い工夫で、耐久性の高い住まい。

従来の木造住宅が柱で家を支える軸組み工法であるのに対し、2×4・2×6の枠組み壁工法は壁パネル、つまり「面」で支えることにより外部からの力に対して圧倒的な強さを実現しています。

2×4と比較して約2.5倍の強度を持つ2×6工法

耐震性の向上

セルコホームでは、国内で発生した大地震においても優れた耐震性は実証されている2×4のさらに一つ上をいく2×6工法による枠組み壁工法で、類い稀な耐震性を実現しています。

高断熱・高気密

壁が厚くなる分、グラスウールの厚さと量も増えます。さらに気密シートによって気密性も高まり、気温に左右されにくくなります。

2×6工法とベタ基礎の安定感

地震に強い2×6にベタ基礎を組み合わせ、より高い耐震性を追求

家の土台にあたる部分に帯状に設置する「布基礎」に比べ、土台部分だけでなく地面と接する底面にも鉄筋コンクリート基礎を用いる「ベタ基礎」は、基礎全体で建物を支えるため、不同沈下に対する耐久性や耐震性・安定性に優れています。また、底面に敷かれた厚い鉄筋コンクリートは、内部を完全に土から遮断するので、湿気によるダメージや、シロアリ被害のリスクも大幅に軽減します。
※地盤調査の結果判定によって補強工事が生じた場合は、基礎形状が変わる事があります。

セルコホーム横浜の「基礎幅」は、住宅金融支援機構基準より25%もアップさせた150mmなので、地震などにもびくともしない高い安定感です。

「室内をコントロールする」という居住空間のコンセプト

自然環境の変化によって左右されない、快適な居住空間を創り出します。

高断熱・高気密性が、静かで快適な室内環境を作ります。

住宅金融支援機構基準に比べ厚さ3倍以上の断熱材を設置

断熱材は良質な細繊維グラスウールを、屋根・壁・床にそれぞれ、天井:230mm・壁:140mm・床:230mmという厚さで高密度に使用しています。住宅金融支援機構基準値(Ⅲ地区)の55mm・45mm・45mmという数値をはるかに上回る高水準な規格で充填され、次世代省エネ基準と比較しても、1.13倍〜2.55倍の断熱材が最適な室温を逃すことなく、冬暖かく、夏涼しい快適な生活環境を作り出します。

カナダ天然資源性が認める、世界最高水準の住まい

新しくなった高性能32K断熱材

夏涼しく、冬暖かい、住む人が一年を通して心地よく暮らすことができる快適な居住環境を実現するため、断熱材として高密度な32K相当グラスウールを採用。グラスウールの性能は、密度に比例します。《カナディアンツーバイ》では断熱材として、高密度な32K相当グラスウールを屋根・壁・床にそれぞれ230mm・140mm・230mmという厚さで採用。その優れた断熱性により、冬は室内の熱を逃さず、夏は外の暑さを遮断し、一年中快適な室温を保ちます。

重さ2kgの鉄球を乗せると16Kグラスウール(写真右)は大きく凹み変形するのに対し、32K相当グラスウール(写真左)は凹んで変形することなく鉄球を支えています。グラスウールは厚みも大切ですが、それ以上にその密度が性能に大きく影響します。

冷暖房費削減で家計に貢献。暮らしにやさしい住まい。

気密施工と外気の影響を受けにくい構造躯体で、一年を通して快適な室温を維持。

高耐久遮熱型透湿防水シート

輻射熱を大幅にカット。

湿気から住まいを守り、同時に快適な居住環境を保つため《カナディアンツーバイ》では特殊なアルミ透湿フィルムを使用した、透湿防水の機能に加え、遮熱性をも有する高耐久遮熱型透湿防水シートを採用。外部からの熱を防ぎ、内部の熱を逃さない、夏も冬も快適に暮らせる住まいを実現します。

優れた窓技術による断熱

断熱性にすぐれたLow-E加工のペアガラスを採用

高断熱・高気密住宅に欠かすことのできないのが、開口部の性能です。セルコホームでは特殊金属膜をコーティングしたLow-E加工の複層ガラスを使用し、ガラスとガラスの間にはアルゴンガスを注入してさらに断熱性を高めていますので、冬場の不快な結露の発生を抑えるだけではなく、夏場の冷房効率も高めることができます。

熱を樹脂部で遮断することで、高い断熱効果を実現

一般的に使用されているアルミサッシに比べて熱が伝わりにくく、結露の発生を極力抑えることができます。また、サッシフレーム内には、小さな空気層を複数形式できるチャンバー構造を採用し、断熱性能をより高めています。

第1種熱交換型換気システム

外気の温度を緩和して室内に取り入れ、室内の温度を快適に保ちます。
排気に含まれる熱エネルギーを給気側に移す熱回収効果で心地よさを保ちながら、大幅な省エネ効果が得られます。

高断熱・高気密の住まいが、健康で快適な室内環境をつくるに欠かせない設備として、家全体の空気を24時間効率よく循環させる熱交換型換気システムを標準装備しています。高性能フィルターも備え、花粉や粉塵・大気汚染等の汚れを除去してクリーンな空気を室内に取り入れます。温度の緩和と併せて湿度も快適な状態に保つことが出来、結露やカビ・ダニの発生も抑制します。

東日本大震災で耐震性の高さが実証された
2×4工法のさらに上を行く、セルコホームの2×6工法。

東日本大震災でも強さを証明、
強震変形による全・半壊はゼロ。

2×4住宅の優れた耐震性は、過去の震災においても実証されてきました。社団法人日本ツーバイフォー建築協会による「2×4住宅の震災被害程度調査」の結果を見ると、今回の東日本大震災による被害は、全倒壊7棟、半倒壊69棟となっています。しかしその内訳は、全倒壊7棟中、地盤崩壊による全壊が6棟、類焼等による全壊が1棟。半倒壊69棟中、地盤崩壊による半壊が33棟、液状化による半壊が34棟となっており、いずれも地盤変状に伴う被害であったことがわかります。強震変形による全壊・半壊は0。つまり、今回の大震災においても、2×4住宅の耐震性の高さが証明されました。セルコホームでは、そんな2×4工法のさらに上を行く2×6工法が採用されています。

津波の最前線にあった我が家が復活することで、周囲の人たちも元気になってくれれば嬉しいです。

Sさんのマイホームは、宮城県亘理郡、阿武隈川の河口に建っている。震災当時、家族5人は小学校に避難して助かったものの、家の1階は家具や瓦礫、泥で埋まり、2階は床まで浸水した。隣に建っていたご両親の家は、土台だけを残して跡形もなく流れ去ってしまった。それでも「いつか絶対にこの地で家を復活させたい。」その「いつか」に向かって、ともに歩み続け、8月に無事リフォームを完成しました。
津波最前線だった場所に我が家が復活することで、周囲のみんなも元気になって欲しいと願っています。家が完成するまでに多くの知り合いが、『本当に建てられたらいいね』『楽しみに待ってるね』と応援してくれました。この家に続いてくれる家が1軒でもあれば、とっても嬉しいです!とSさん。『続いてくれる家』の第一号、それは奇しくも隣で流された両親の家になった。「津波でも流されなかったセルコの家なら安心」という気持ちが決め手となり、来年にはセルコホームの新居が完成する。現在仮設住宅で暮らすご両親は、可愛いお孫さんたちと再び近くで暮らせるのを心待ちにしている。(2012年10月 取材)

セルコホーム4つの安心

心地よい暮らしに欠かすことのできない「保証」も品質のひとつだと私たちは考えます。
理想の住まいを作りたいと願うお客様の目線で考えた、5つの安心をご用意しました。